読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業主婦@SOHO 風の中を進むブログ

在宅で働く兼業主婦です。あれもこれもの欲張りな日々をボソボソ書き綴ります。

冠婚葬祭のマナーと健康について思うこと。

自分のこと

全く関係ない2つのテーマを無理矢理くっつけてみた(苦笑)

 

先日同じ隣保の方が亡くなった。

40代前半の方で、突然のことに本当にびっくりした。

 

実は今年、知人程度のおつきあいの方や、知人の身内の方の不幸の話を聞くことが多かった。そして同じ隣保でも今回の方を含めて2人が亡くなっている。

 

我が家があるのは、新興住宅街でも昔からある集落でもなく、ここ20年〜30年ほどで徐々に住宅が増えてきたようなところで、住んでいる人の年代も様々である。子供も幼稚園から大学生までいるし、ご夫婦だけの世帯もある。特に高齢者が多いというところではない。

 

亡くなられた方とは挨拶程度のお付き合いだったが、お参りをしておきたいという気持ちがあった為、お通夜のみ参列した。

 

独身の頃から持っていた礼服が合わなくなったため、8月に知り合いの方が亡くなった際に新しい物を購入していたが、まさか年内に再度着用するとは思ってもいなかった。

 

今年の初め、隣保で1人目の方が亡くなった時いろいろと手違いがあり、お通夜にも告別式にも近所の人が参列することができなかった。結果、後から個々にお参りに行くことになってしまい、こういった場合のマナーがわからず焦った。冠婚葬祭というのも結局は経験値が高い方が慌てずに対処できるものなんだと思う。

 

幸いな事に身内の不幸もそんなに経験がないため、アラフォーになってもいまいちマナーに自信がない私である。最近は葬儀も家族で済ませる方も増えているようなので、今後は参列する機会も減っていくのかもしれない。

 

この度亡くなった方と年が近い夫は、にわかに健康を気にしだした。元々運動不足と内臓脂肪を気にしていたが、なかなか解消できないでいたのを本気で何とかしたいと思うようになったらしい。物から入るタイプではないが、ジョギング用のジャージを購入してやる気を見せている。

 

結局は細く長くやらないと意味がないと思うし、これからの寒い時期に外で走れるかどうかは怪しいところだが、何にもしないよりマシかと思うので見守ろうと思う。

 

ちなみに私は万年ダイエッター。

昼休憩時にはTV見ながら踏み台昇降

でも食べるのも好きなのでなかなか減りませ〜ん。