読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兼業主婦@SOHO 風の中を進むブログ

在宅で働く兼業主婦です。あれもこれもの欲張りな日々をボソボソ書き綴ります。

息子が車と接触事故。やっぱり口で言うだけでは伝わっていなかった・・・

先日息子が自転車で遊びに行く途中で車と接触する事故にあった。

 

幸いなことに怪我は擦り傷程度で、自転車も壊れなかった。

 

公園近くの道路で、細い道から出て来た息子に、運転手が気付くのが遅れたのが原因らしいが、息子もちゃんと左右確認をしたかどうか怪しいと思っている。

 

最近は、友達と公園で遊ぶ時に私が送って行くことはなく、自分で行って自分で帰って来る。自宅付近は住宅街だが、国道からの抜け道があるため比較的交通量はある方だと思う。

 

自転車に乗りはじめた頃から、一緒に行動して交通ルールについては教えてきたつもりだったが、遊びに行く時にいつまでもついていく訳にもいかないので、教えたことは守っていると信じて送り出していた。でも2週間程前、私の目の前で息子は飛び出し未遂をした。その時私からも夫からもかなり厳しく注意したはずだったのに・・・。結局伝わっていなかったんだろうか。

 

そう思うと運転されていた方にも申し訳ない気持ちがあり、とても複雑な気分だった。それもこれも怪我が軽かったからだというのは百も承知だが。

 

相手の方は仕事中だったとのことで、夜には上司の方と菓子折りを持って謝罪に来られた。同じように仕事で車を使うことがある夫は「気持ちは痛い程わかる」と言っていた。

 

私は若い頃に派手な事故を起こした事があり、その時の気持ちがフラッシュバックしてきて、何ともいえない気持ちになった。結局被害者になるのも加害者になるのも紙一重なんだと改めて思った。

 

警察の方と話している時はすごく落ち着いていた私だが、家に帰るとホッとして涙が出てきた。息子もやっぱり怖かったみたいで、少しの間二人で泣いた。親に心配かけたというのは伝わったと思う。

 

高齢者ドライバーも増えて、道を歩いているだけで事故に巻き込まれる話も聞く。運転手の方には申し訳ないが、今回の事を教訓として子供達には再度交通ルールへの意識を高めてほしいと思っている。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

東京ひとり旅

先日書いた記事で東京に行ったことを触れた。

 

pride1495.hatenablog.com

 

好きなアーティストのライブを見る以外の予定は、結婚して東京にいる友達に会うことだった。

 

 急遽決めた東京行きだったが、友達に連絡してみると予定は大丈夫とのことだったので、ランチすることにした。

 

東京に行く日の午前中はどうしも外せない用事があったので、家を出たのは昼すぎだった。乗換ナビさんの計算ではライブの開場時間には余裕で間に合う・・・はずだった。

動いていた仕事があったため一応PC持参。重たいので一旦ホテルに寄って置いていこうと、新幹線を降りてから乗り換えたところ・・・・

電車に乗り間違えた。

 

すぐに気付いたので1駅乗って折り返し、ホテルの最寄り駅で降りる。スマホのナビを片手にホテルを探す・・・・が

迷った。

スマホのナビは苦手。地図なら大丈夫やのに。

 

ここで大幅に時間をロス。ホテルに行く時間がなくなったので、荷物を持ったままライブ会場に向かう事にした。時間的には結構ギリギリだったけど何とか無事到着。ライブを楽しむことができた。

 

ちなみに上記の失態を友達に報告したところ、翌日はホテルまで迎えに来てくれた。感謝感謝。持つべきものは友。

 

私は全くの田舎者なので、下調べしてきたとはいっても実際に駅に着いてみると右も左もわからない上に、時間の余裕がない焦りもあって本当にこの日は往生した。ライブハウスからホテルへは結構スムーズだったけど。

 

次の日は友達の案内で銀座でランチ。2年ぶりに会ったので喋り倒す。

 

去年彼女は辛い事があって、それに対して私はいろいろと言える立場ではないので、聞き役に徹しようと思っていた。彼女もだいぶん気分は落ち着いてきたらしく、いろいろと話してくれた。本当に人生何があるかわからない。それでも東京で頑張っていこうとしている彼女をこれからも応援したいと思った。

 

私が1カ所だけ行きたい所があると行ったら友達が調べて連れて行ってくれた。これまた感謝。多分1人やったら倍くらい時間かかっていたと思う(汗)

 

そこでお茶をしていたら駅に向かう時間がきた。

その日の東京駅はすごい人で、友達も「年末年始みたい」と言うほど混雑していた。

 

お土産をいくつかゲットしているうちに、子供達に頼まれた物を買う時間がなくなってしまった。友達が後で買って送ってくれるというのでお願いして新幹線に飛び乗った。

 

あちこち行った訳ではなかったけど、ライブは楽しかったし、友達とも久しぶりにゆっくり喋れて充実した東京旅行だった。家族旅行だとこういうことは出来ないので一人で行くのも悪くないと思った。(お金さえあれば)

 

まあでもあれだね、私にとっては東京は異世界。慣れてないのもあるけど、銀座なんかTVの中の世界に見えた。それに人も情報も多い。それだけで疲れてしまう。

 

今は田舎にいても情報はいろいろと入るけど、自分にとって必要な情報と不必要な情報を選別する余裕はある。でも東京に行くとその余裕がなくなるというか、明らかに情報の方が多くてキャパオーバーというか・・・。まあそれが田舎者ゆえなんだけど。

 

友達もちょっと息苦しそうだった。実家のある地方に帰りたいって言ってたけど、ご主人が東京の人なんで、現実的ではなさそう。

 

刺激はあるから次に行く時はもう少し計画立てて行きたいと思う。

 

東京に行った証の写真。撤去されるらしいね〜残念。

f:id:pride1495:20161202161929j:plain

 

この写真見たら誰のライブに行ったかわかってしまう(笑)ってかわかる人すごい。

f:id:pride1495:20161202161940j:plain

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

子供の成長と趣味の復活。

子供が小さいうちは自分の趣味が封印されてしまうのはよくあることだと思う。時間的に物理的に無理だったり、それどころじゃなかったり。

 

我が家は3年程前から夫婦の共通の趣味であるスノーボードを復活させた。雪山迄近い訳ではないが、年に4回くらいは行っている。子供達もなんとなく滑れるようになってきて楽しく。ちなみに今年の年末年始は雪山に行く予定。

 

そして最近、私のもうひとつの趣味が最近完全復活した。

 

それは、コンサート&ライブ参戦。

 

スノボは夫婦共通の趣味だが、コンサートやライブにはあまり興味のない夫。私は好きになったアーティストは、生で聴いて見たいタイプなので夫婦でコンサートに行った経験は数回しかない。

 

もちろん妊娠中から出産後数年は育児に必死でそれどころではなく、好きなアーティストが近くに来て、子守りを頼めた時だけ行ったりしていた。(それでも年1回は・・・行っていたかも)

 

住んでいる所は地方都市なので、主にコンサートが行われる場所まで出向いていく必要がある。(たま〜に地元に来てくれることもあるけど)そうなると時間もお金もかかるし、時々は遠征だってしたくなる。何とも贅沢な趣味だな〜と改めて思った(汗)

 

去年までは年4回程度の参戦だったのが、今年はお気に入りのバンドが増えたため8回・・・。その内1回は東京へひとりで遠征・・・。そして来月にはもう一回コンサートが・・・。

 

こうやって趣味を楽しめるのも子供が成長したことと、夫の理解(そして自分の収入)があるから。本当に有り難い話。

 

先日の東京で見たライブがすごく良くて今も弱冠ロスぎみ。

でもこういう趣味があるとSNSって楽しいものなんだというのを初めて知った。有名なSNSはほとんどアカウントを持っているけど、これまでは情報収集がメインで自分から書き込むことはほとんどなかったから。

 

今回お気に入りに追加したバンドの情報を集めていると、インスタに写真や動画がいっぱい上がっていて、ファン同士の書き込みとか見ていると本当に楽しい。

 

時々、ええ年して何やってるんやろ〜と思うこともあるけど、自分の中で一番ストレス解消になっているので、やめる予定はない。

 

来年はもっと行きたいと思っていたりする。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村